« 8月分スケジュールになります! | トップページ | 雑感 今後について »

2020年8月15日 (土)

雑感 8/15に

私の父は、16歳の時、8/15の正午を、勤労していた軍需工場で迎えました。玉音放送を聴きながら、最初は意味がよくわからなかったそうです。ただ、次第に「これは戦争に負けたんだ・・」ということがわかり始めた時に、誰かが「宮城(皇居)に行こう! 陛下にお詫びをしなければならん!」 父を含めた10数名がそのまま着のみ着のままで、徒歩で現在の玉川通りを歩き始めたそうです。途中、どこかしらで、乾いた「パーン、パーン」という音が。それは、後から自決した方のピストルの音だと知ったそうです。履いていた草鞋はすりきれ、最後は裸足でたどりついた皇居前には、すでにたくさんの人々が。皆、ひれふし、泣きじゃくなりながら、その中でもやがて乾いた銃声の音が・・ 父も一緒にひざまずきながら、でも不思議に悲しくはなかったそうです。「これから、俺はどうなるんだろう・・」生まれてからその日まで、16年間、軍国主義の教育に浸かってきた父にとって、これからどう生きていけばよいのか、只々呆然としていたそうです・・ その後、父がどう過ごしてきたか、そのあたりのことは、もう亡くなってしまった今、知る由もありません。ただ、この8/15のことを、晩年繰り返し私に話していた父にとって、薄れゆく自分の記憶が失くなる前に、私にきっと伝えたかったのだと思います。 ただ、今後私がこのことをどうしていくべきか、それはまだ私にもわからず・・ 伝聞になってしまう以上、正確に伝えることもできないとは思いますが。 ただ、一つだけ言えるのは、父と、そして東京大空襲下を家族で逃げ回った母が、生き残ってくれたおかげで、私が生まれ、現在があります。 そのことを改めて、今日二人の遺影の前で手を合わせ、感謝の意を伝えました・・

« 8月分スケジュールになります! | トップページ | 雑感 今後について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8月分スケジュールになります! | トップページ | 雑感 今後について »

無料ブログはココログ